アドセンス広告

マギル大学

平日日中に授業英語必須少人数大人数現役勤務者が豊富就業経験不問海外提携校博士前期課程短期卒業可能通信
マギル大学
特徴

185年の歴史を持つ、カナダの名門マギル大学のMBAプログラムを日本で取得可能。内容は本校と同じで、15カ国からなる教授陣の講義、また学生の半分は14カ国からなる外国人で構成をされていて、日本にいながらの国際性が高い。

学科

国際経営学修士課程(MBA)日本プログラム

住所

〒102-8554 東京都千代学紀尾井町7-1

開始年

1998年

在籍者数

77人

男女比率

男71%:女29%

平均年齢

34歳

働きながら学ぶ人の割合

95%

OB組織の有無

有り

修了生の累計人数

394人

教員1人当たりの学生数

---

外国人比率

99%

5年以上の実務経験者比率

50%

100%英語の授業比率

100%

代表的な講師1

Micheal Avedesan

代表的な講師2

Peter Christofferson

代表的な講師3

Nobuya Takezawa

開講時間

土曜・日曜

選考内容

書類審査・面接・語学

入試方法

社会人入試

募集人数

45人

募集形態

修士

博士後期過程

無し

初年度納入金

252万円

2009年度データ - 募集人数

非公表

2009年度データ - 受験人数

非公表

2009年度データ - 合格者数

非公表

履修期間

2年、最長3年

長期履修制度

無し

実務経験年数

5年以上

修士論文

学生の専攻次第

紹介

マギル大学は、カナダのモントリオールにある名門大学です。
マギル大学では経営大学院に力を入れており、McGill MBA Japan(マギルMBAジャパン)を設置して、遠隔教育プログラムによって、日本にいながらにしてMBAを取得することができるというシステムを提供しています。

マギル大学の大学院/国際経営学修士課程(MBA)日本プログラムでは、著名なストラテジー学者であるミンツバーグ教授の理論などを取り入れた講義や、実務技能教育などが行われています。
授業はすべて英語で行われることとなるため、英語力の向上や、国際的な視野を広げることなども期待することができます。

また学生のおよそ半数は、アメリカやカナダなどから来日している外国人となっているため、国際交流や情報交換なども行うことができます。
マギル大学の大学院/国際経営学修士課程(MBA)日本プログラムの就学期間は2年制の60単位となっており、授業は月2回の週末(計4回)、土曜日・日曜日の午前9時~午後5時に行われています。

ですから仕事をやめたり休職をしたりするという必要がなく、MBAの取得を目指すことができます。
ただし1年間で30単位を取得するという必要があるため、かなりハードな学習内容となっています。

授業は毎回モントリオールから来日した教授によって行われ、本校で行われている授業内容とほぼ同じものが提供されています。
1年次には基礎的なことを学ぶ講義の他に、ケースアナリシスやディスカッション、ロールプレイングなどの授業が行われ、2年次には国際経営、一般経営、金融学などの講義を選択することができます。

また2年次にはカナダにある本校のサマースクールへの参加や、カナダや中国への研究ツアーなどへも参加をすることができます。
マギル大学の大学院/国際経営学修士課程(MBA)日本プログラムは、毎年6月からスタートします。

入学資格は大卒以上(大検可)で、2年以上の就業経験があるということが条件となっています。

「社会人・学生のための大学・大学院」資料請求
ページトップへ